留学ジャーナル

プレスリリース・メディア掲載 Press Releases Media Exposures

プレスリリース 2018.07.17

【夏休み留学を検討する大学生への意識調査】留学希望者の7割がグローバル企業への就職を検討。5年前から10ポイント上昇

雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社
留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:髙木 憲一郎、以下「留学ジャーナル」)では、4月~6月に全国の留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京・大阪・名古屋・広島・福岡)に8週間以内の留学相談に訪れた大学生を対象としたアンケート調査を実施しました。主な調査結果の概要は下記の通りです。

※調査人数101名、調査期間:2018年4月1日~6月10日

=調査結果トピックス=

留学希望者の7割がグローバル企業への就職を検討。5年前から10ポイント上昇

「グローバル展開をしている企業への就職を希望しているか?」という問いに対しては、70%が「そう思う」「ややそう思う」と回答し、2013年の60%に比べ大きく上昇する結果となりました。

留学費用は「家族が負担する」が5年前から17ポイント上昇の52%と最多

留学費用について「家族が負担する」割合が52%と、2013年よりも17ポイント上昇する結果となりました。その結果「自分で負担する」「自分で負担し不足分は家族に借りる/家族が負担する」割合は44%となり、2013年の55%よりも11%低下。留学が身近になっている結果、留学に対する家族の理解が得やすくなったと推測されます。

6割がカナダ留学を希望。カナダ希望者のうち、57%が「治安」、46%が「街並の雰囲気」を重視

留学したい国では、カナダが59%と1位に。次にアメリカ(43%)、オーストラリア(35%)が続く結果となりました。また、留学先を選ぶ基準として何を重視するかの問いでは、カナダ希望者のうち57%が「治安」をあげ、治安面を重視してカナダを選ぶ人が多いことが分かりました。

◆本件の詳細はこちらよりご覧ください。
◆出版・印刷物等へデータを転載する際には、必ず「留学ジャーナル」とクレジットを入れ、下記までご一報くださいますようにお願いいたします。
◆ここに掲載いたしました内容は抜粋版です。より詳しくまとめた完全版をご希望の方は、弊社広報チームまでお問い合わせください。

Archives

ページトップへ