留学ジャーナル

プレスリリース・メディア掲載 Press Releases Media Exposures

プレスリリース 2015.05.13

留学ジャーナル『留学白書2015』を発表 ~2014年の人気留学先はカナダがトップ、留学にかける費用は二極化の傾向~

雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)ではこの度、日本人留学生および留学希望者の動向をさまざまな視点から調査・分析する『留学白書2015』を取りまとめましたので、ここに調査結果の要旨をご報告いたします。

主な調査結果の概要は下記の通りです。

 

=調査結果トピックス=

 

【「留学ジャーナル利用者にみる傾向」データより抜粋】

2014年留学先のトップはカナダ。

2014年人気の留学先は、昨年アメリカと同率で1位だったカナダが、単独でのトップとなりました。2位はアメリカとなり、カナダ・アメリカの2強体制は変わらず、さらに3位以下のオーストラリア、イギリス、ニュージーランドという顔ぶれも昨年同様の結果となりました。

 

■高校生以下の留学検討者が4年連続で増加。          

 大学生は、春休みの短期留学が増加するも、夏休みは減少傾向か。

2014年の当社カウンセリングセンターでの留学相談の件数は、高校生以下の留学相談が前年と比較し124%と増加し、2010年以降、4年連続の増加となりました。

一方、大学生の相談者数も、前年と比較して約1割の増加となりました。春・夏休みに限定すると、春休みの短期留学が3割近く増加したのに対し、夏休みの出発者は若干減少する結果となりました。

 

【「留学意識調査アンケート結果にみる傾向」データより抜粋】

■格安か、もしくはお金をかける留学か...留学にかける費用が二極化。

当社のカウンセリングセンターへ相談に訪れた方を対象として、留学予算について尋ねたところ、1週間の留学にかける費用を1020万円未満と答える回答者が約4割に上った一方、50万円以上という回答者も18.6%となりました。昨年の同調査では、1020万円未満が約2割、50万円以上が9%だったことから、留学にかける費用が両極化している様子が見られました。

 

■留学の背景には「企業のグローバル化」の影!?

 社会人よりも大学生の方が「企業のグローバル化」の影響を受けている結果に。

自身の留学について、「企業のグローバル化」の影響があったかどうかを尋ねたところ、「影響があった」と回答した割合が、社会人は52.9%に対し、大学生では67.6%に上る結果となりました。これからの就職活動を控えた大学生の方が、より影響を受けている様子が見られました。

 

 

※本件の詳細はこちらよりご覧ください。

※ここに掲載いたしました内容は「留学白書2015」の一部となります。『留学白書2015』の詳細をご希望の方は、広報(050-3033-4122)までお問い合わせ願います。

Archives

ページトップへ