留学ジャーナル

プレスリリース・メディア掲載 Press Releases Media Exposures

プレスリリース 2020.12.15

春休み・高校生対象、おうちでオンライン受講!
「SDGs をたっぷり学ぶバーチャルツアー5日間 with オーストラリア」募集開始

雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学支援会社でもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル 代表取締役社長:塚田 俊文)は、春休み期間中に自宅 からオンラインで受講できる高校生対象のプログラム「SDGsをたっぷり学ぶバーチャルツアー withオーストラリア」(全5日間)の参加者を募集します。

2020年、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響により、世界中で自由に国を行き来することが制限されました。コロナ禍で新しい留学の形として注目されたオンライン学習。長年にわたり誰もが平等に教育を受けられる社会を目指してきたオーストラリアでは、コロナ禍以前からオンラインで質の高い教育を提供し、さまざまな社会活動への積極的な取り組みに従事し続けています。

12月16日発売の雑誌「留学ジャーナル2021年2月号」で、留学ジャーナル社の創業50周年記念企画として、クィーンズランド州政府、駐日代表の安達健氏と加藤編集長による特別対談"今、あらためて考える「留学の魅力」" が実現。それをきっかけにコロナの影響で催行できなくなった留学プログラムの代替案として、クィーンズランド州にある教育機関「Great Barrier Reef Academy」との協力により新しいプログラムが企画されました。

今回提供するのは春休み期間中に開催する「高校生のためのSDGsをたっぷり学ぶバーチャルツアー」です。教育観光プログラムやインタラクティブな経験をウェビナーやライブ配信で提供するオンライン教育プラットフォームを持つGreat Barrier Reef Academyによるバーチャルツアーは、息をのむような大自然の絶景やユニークな動植物に触れながら、環境問題などSDGsの知識と理解を深めるプログラムです。

ウェブでつないだライブ配信で提供される(一部録画動画も使用)研修は、すべて英語で行われますが、積極的に研修に参加される方であれば英語力は問いません。英語に自信がない方は、事前のオンライン英語レッスンも準備していますので、追加で受講することも可能です。

研修5日目にはそれまでに学んだオーストラリアのいくつかの保護活動について、現地の高校生とともにディスカッションをする時間があり、異文化交流も体験できます。最終日にはデジタル修了書を授与されます。英語学習のモチベーション向上を図るとともに、受講しながら異文化理解、積極性や問題解決力、オンラインコミュニケーション力などを養い、これからの将来に活きる経験ができるプログラム内容となっています。

留学ジャーナルは、この他にもオンライン留学相談や各種オンライン留学プログラム、留学に関する各種セミナーのオンライン配信など、オンラインでの留学支援サービスの提供を行っております。今後も、留学に興味を持ち始めた方や留学を予定している方が、ご自宅に居ながら最新の留学情報が得られる取り組みを行っていきます。

キャプチャ.JPG

◆「高校生のためのSDGsをたっぷり学ぶバーチャルツアー with オーストラリア」開催概要
≪日 程≫ 2021年3月22日(月)~3月26日(金)のうち5日間
≪募集人数≫ 20名(最少開講人数:10名)
≪料 金≫ 49,800円(税込)
≪応募締切≫ 2021年2月15日(月)
≪参加対象≫ 高校生 ※中学生の方はお問い合わせください
≪英語力≫ 積極的に研修参加される方であれば英語力は問いません。
※事前のオンライン英語コースも準備しています。詳細はお問い合わせください
≪参加申込URL≫ https://www.ryugaku.co.jp/column/2020/12/sdgs.html
≪使用アプリ≫ ZOOM、WebEx、LINEまたはWhatsApp、Facebook(予定)
≪修了証書≫ 最終日にデジタル修了書を発行します。

Archives

ページトップへ