留学ジャーナル

プレスリリース・メディア掲載 Press Releases Media Exposures

プレスリリース 2011.11.11

就職活動スケジュールの変更が大学生の留学にあたえる影響について、留学ジャーナルが意識調査を実施。

株式会社留学ジャーナル(東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6F、

代表取締役社長:安藝 清)は、就職活動の留学希望者への影響調査、

留学希望者の意識調査を実施いたしましたので、以下のようにご報告します。

 

主な調査結果は下記のとおりです。

 

【就職活動スケジュール変更の影響】

 ・全体の6割が、「企業の採用開始時期が12月になることは、留学するうえで

メリットになる」と回答。

 採用開始時期が12月になることで、「留学期間が長くなる」3割、「留学時期が

  遅くなる」1割、「早くなる」が1割と、留学の時期にばらつき

 ・大学3年次の12月以降が採用開始時期として適当だと回答した大学生は

  7割。

 

調査結果の抜粋はこちらからご覧いただけます。

 

調査結果、データの詳細をご用意しております。

報道関係のご希望者に公開いたしますので、お問い合わせは

広報(050)3033-4122までご連絡ください。

 

※留学業従事者、および弊社にとって競合と考えられる方のご利用は

お断りさせていただきますことを、あらかじめご了承ください。

Archives

ページトップへ